世田谷稲門会TOPページ 》レディースクラブ

趣味の部会
ゴルフ
スポーツ観戦
麻 雀
俳 句
釣 り
食べ歩き
囲碁・将棋
カラオケ
ウォーキング
写 真
芸術・芸能鑑賞
 
特別部会
 青年
 レディースクラブ
 地域サポート活動 

ブロック会
西 北
千 歳
けやき
キャロット
きぬた
玉 川
さくら


世田谷稲門会 レディースクラブ

レディースクラブ(略称LC)への問い合わせのメールアドレスは
篠崎章子;shinomakoshokolei@quartz.ocn.ne.jp

世話人 連絡先 当面の動き
井上 文 03-5376-0320
濱野 千鶴子(事務局)
篠崎 章子(事務局)
080-3128-2211
03-3305-4650

令和3年の活動



令和2年の活動



令和元年の活動

活動報告

 レディースクラブは、68()の総会日に併せて地域サポート活動部会と共催でバザーを行いました。
皆様からは多数の品物のご提供があり、売り上げにも大いにご協力いただきました。厚く御礼申し上げます。

おかげ様で84,360円の収益がございました。収益金は地域サポート活動部会を通じ、恵まれない子供達の支援に役立てます。
 現在クラブミーティングでは、1116(土)午後に北沢タウンホールにて開催の講演会の準備を進めているところです。
講師には世田谷稲門会副会長の露木茂氏をお迎え致します。ちなみに露木氏はレディースクラブ応援団長でもあります。
テーマは『最近のジャーナリズムについて考えよう』の予定です。露木氏のジャーナリストとしての多岐にわたる有意義な
お話が伺える良い機会です。皆様のご参加をお待ちしております。講演会詳細は、チラシ等でお知らせいたします。

                     (濱野 千鶴子/記)


新入会員です

このたび、レディースクラブと地域サポート活動部会の二つの特別部会に入会いたしました
谷口佳代子です。さくら会所属で昭和63年法学部卒です。

子どもも就職し、子育ても一段落。日々の暮らしのなかで他の女性の方々の福祉等の考え方に触れ、
世田谷稲門会で何かしらの社会貢献ができるかもしれないと思ったからです。

127日に行われた新春懇親会では、初めて福引きのお役をさせていただきました。
その後に行われた部会会議では、この福引きの改善点についても話し合われました。
また、地域サポート活動部会と共催となるバザーは、会場の条件が合いませんと開催が
難しいのでこれも今後の会議で慎重に検討を重ねてまいります。
さらに、毎年レディースクラブ主催で行われる講演会についても、みなさまに喜んでいただける魅力的な
企画を検討中ですのでご期待ください。

どうぞよろしくお願いいたします。    (谷口 佳代子/記)

 





平成30年の活動

レディースクラブ

世田谷稲門会レディースクラブは、岩上前会長の肝煎りで、20141月にスタートし、私は「応援団長」を仰せつかりました。
「今更、女性だけの集まりに意味があるのか」という声があったことも承知しています。
しかし、女性の意見を集約するような仕組みを作ることは、意味があったと思っています。

 最近メディアが取り上げるニュースは、セクハラ・パワハラ・マタハラといった女性の立場を無視する社会現象が目立ちます。
日本の人口は、女性が男性より340万人も多いことを考えれば、女性の力やアイディアが、もっと活用されるべきだと思います。

「老後」や「終活」、「健康寿命」といった身近なテーマに取り組んでいるレディースクラブの活動を、応援してください。
部会は月1回、ほとんど全員参加で活動しております。
今年度に入ってからは616日(土)に開催された講演会について検討してきました。

ご参加された方、いかがでしたでしょうか?
また、今年度バザーはありませんが、来年度には会場の都合さえ許せば是非行いたいと思います。お楽しみに。

                                (露木 茂/記)

 


講演会の開催
レディスクラブでは2回にわたり「老後に備えて」と題して講演会を開催し、人生を全うするまでの経済的基盤作り、
その承継方法につき考えてまいりました。これを契機に生前整理に着手されたという嬉しいご報告もいただきました。
(講演会資料、内容等のお問合せはさくら会中村京まで)

今回は、視点を変えて、健康寿命が延びるなか、医学的側面から中山久徳先生(きぬた会 昭63商卒)より「健康長寿になる日々の習慣」と
題してご講演をいただきます。乞うご期待。

 

中山久徳先氏略歴

1965年 豊島区生まれ。1988年 早稲田大学商学部卒業。リクルートに入社。国立山形大学医学部に進学。1996年に卒業後は、
東京大学医学部物療内科(現アレルギーリウマチ内科)に入局。リウマチ・膠原病診療を専門とし、関東中央病院、東京都立駒込病院、
国立相模原病院で研鑽を積まれました。2012年には「そしがや大蔵クリニック」を開業。2016年1月には「稲門医師会」を設立し幹事長として奔走中。

今後もレディスクラブでは、講演会に限らず女性の目線から会員の皆様の豊かな生活に役立つ企画を発信していきます。
ご都合に合わせてお気軽にご参加ください。また、ご希望、ご意見、ご感想をお待ちしております。

                                                       (中村 京/記)



平成29年の活動

講演会を開催
平成2999日(土)、午前10時から下北沢タウンホール12階スカイラウンジに
おいて、レデイースクラブ主催の講座『円満な遺産相続のために』が開催されました。
参加者
26名。うち男性15名ご夫婦での参加が2組あり、関心の高さがうかがえます。
これは昨年開催され好評だった『老後の備えとは』に続くパートⅡとして企画されたものです。
講師は昨年に引き続き、さくら会会員で不動産鑑定士の中村京さん(昭
58法)。
昨年のアンケート結果などを反映させさらにバージョンアップした内容となりました。

前回は老後の財産管理などが中心でしたが今回は一歩踏み込んで、相続対策が中心です。
遺産分割の流れや遺言書のメリット、遺留分の扱いなど、講師の実体験をふまえた具体的で
丁寧な講義に参加者は全員熱心に耳を傾けていました。とりわけ、「まずは身の回りの
財産の整理をすることが大切」という最後のまとめには一同深く頷いていました。
                         
(篠崎 章子/記)

 
 講師紹介される河野LC代表
 
 講師の中村京さん
 
 真剣に聴講する皆さん


活動報告

平成261月に柏良子さんを代表世話人に、露木茂さんを準備委員長として、
稲門会の発展に寄与することを趣旨にレディースクラブは発足し、早や
3年が経過しました。
 早稲田大学の女子学生の割合も現在38%だそうで、殊更、レディースと謳うのも
いささかの感もあります。しかし、私たちのレディースクラブの活動は地道ですが、
継続して行うことに意義があると考えます。

 昨年度で、柏代表世話人・辻村副代表が退任され、今年度から代表世話人河野美和子
・副代表井澤美知恵に交代し、応援団長として露木茂さんには続投いただいています。

 恒例の新春懇親会の福引、納涼会ではバザーを当番ブロックと協賛で行います。
 稲門祭への協力に加えて、前年度開催の身近な問題「老後の備えとは」の講座
(講師:不動産鑑定士の会員中村京さん)が好評で、本講座再開要望の声が多く、
その声を活かして、
99日(土)10001200「老後の備え・パートⅡ」を
北沢タウンホール
12階スカイサロンで開催します。
多数の稲門会会員のご参加をお待ちしております。よろしくご協力ください。

                                            (河野 美和子/記)


平成28年の活動

講演会「老後の備えとは」
 レディースクラブは、平成28910日(土)、北沢タウンホールで講座
「老後の備えとは」を開催しました。
 講師は不動産鑑定士として幅広く活躍している中村京さんです。
定員36人の会場に当日欠席者を含め34人が参加。うち、約半数は男性。
ご夫婦で参加の方もおられました。

柏良子レディースクラブ代表の開会挨拶から始まり、露木茂レディースクラブ応援団長
の閉会挨拶で終わるまで、みっちり2時間。中村さんの豊富な経験に基づいた熱の
こもった講義が続きました。参加者も資産管理の大切さや、最近の新しいしくみである
民事信託の説明などに深く頷きながら聞き入っていました。
あっという間に予定の時間が過ぎ、質疑応答の時間が持てなかったほどです。
参加者からは、次回もぜひ聞きたいとの声が多数寄せられました。

 今回の講座は、中村さんご自身の、「会員の皆様のためにぜひ」という提案から
企画したものです。中村さんは、今後、個別にも相談に応じてくださるとのこと。
なんとも心強い限りです。

レディースクラブは、今後も、会員の皆様の様々なご要望に応える活動に取り組んでいきます。
                        篠崎 章子/

 



納涼会を共催
 レデイースクラブは、昨年に引き続き今年も、納涼会を西北会と共催で実施しました。  
当日は、受付、案内、そして会の盛り上げにとレデイースのメンバーが大活躍しました。
たいへん華やかで楽しい会になったのでは?と密かに自画自讃しております。
「女性が活躍する世田谷稲門会」の面目躍如というところでしょうか。

また、今年は初めての試みとして、地域サポート活動部会の協力を得て、
会場内でバザーを開催しました。出品する品物が集まるだろうか、売れ残ったら
どうしようかなどと不安は尽きませんでしたが、蓋を開けてみたら大盛況で、
ほとんど売りつくすことができました。ご出品いただいた皆様方、お買い上げ
いただいた皆様方のご協力に深く感謝申し上げます。バザーの収益金は、
地域サポート活動部会を通して恵まれない子供たちへの寄付を予定しています。

                        篠崎 章子/

地域活動貢献スタート
 今回の会報一面に地域活動貢献スタートの記事がありますが、レディースクラブでは、
一部有志を中心に7
月頃からこの課題に取り組んできました。
この度、本部が特別部会として活動に取り組むことを決定したのでそこに合流することとしたのです。
言わば、先鞭を付けたわけですね。
 レディースクラブの中には、既に色々なかたちで地域貢献活動に
関わっている方がいます。
町会など地域コミュニテイ団体で活躍している方、特技を活かして日本語を教えたり、
仲間と一緒に高齢者のための交流サロンを開いている方。また、今はなにもしていないけれど今後はぜひしたい、
という強い意欲を持っている方も多いです。

地域のなかで様々な人たちとふれあい協力しながら活動していく、というのは女性のほうが得意かもしれません。
この力と熱意を地域貢献部会に活かしていけたら、きっと素晴らしい活動になるはずです。
                            (篠崎 章子
/記)


8月30日納涼会を共催
 レディースクラブはきぬた会と共催で納涼会を開催します。
フラを見ているだけじゃつまらない、私も踊ってみたいと
思っている方も多いはず。
そこで、今回はフラの講習タイムを設けます。
表現豊かな手の動きや身振りを学んで楽しく踊ってみましょう。
じゃんけんで決めるプレゼントタイムもあります。
なにが当たるかは乞うご期待。じゃんけんに自信のある方は
ふるってご参加ください。

現在、事務局では、広く会員の皆様に景品のご寄付をお願いしております。
どうぞご協力くださいますようお願いいたします。

              (篠﨑章子/記)

 



レディースクラブが発足しました

 平成2512月6日、下北沢の世田谷区男女共同参画センターらぷらすにおいて
発起人会が開催され、レディースクラブが正式に発足しました。
 初代代表世話人には柏良子さんが満場一致で選ばれました。
設立準備委員長であった露木茂さんは応援団長として引き続きこの会を支援して
くださいます。

 レディースクラブは、これから女性の皆様とともに、健康・医療や趣味の会の講座、
食べ歩きや小旅行など、楽しい催しを企画していく予定です。第1回目は、発足記念
パーテイを青山ロビンズクラブで開催します。お申し込みなどの詳細はチラシをご覧下さい。

 入会のための特別な手続きは必要ありません。
 かたくるしいことはやめにして親しみやすい活動をめざしています。
 どうぞお気軽にご参加ください。もちろん、男性の参加もOKです。
 発起人一同心からお待ち申し上げております
                                    (篠﨑章子:記)

世田谷稲門会・レディースクラブ発起人

きぬた会:荘司真恵 寺澤宣子 露木茂  キャロット会:辻村ひろみ 加藤玲子
けやき会:井上文 小倉百合子 島田實  さくら会:中村京 上田緋佐子
西北会:河野美和子 熊本ちずる 柏良子 玉川会:岡本早苗 群山富子
千歳会:篠崎章子 矢尾板明子

    世田谷稲門会・レディースクラブ役員

代表世話人:柏良子
副代表世話人:辻村ひろみ(女性会員代表) 寺澤宣子(女性ファミリー会員代表)
会 計:井上文
事務局:篠崎章子

平成25年9月14日(土)12時より、青山荘にて第1回レディースクラブ設立準備会が
開かれました。
今年度中のレディースクラブ発足に向けて、世田谷稲門会員、準会員合計約100名の
女性のための楽しい会にしたいと、熱心な討議が行われました。
レディースクラブの構想は稲門会でも最初の試みだとのことです。
進捗状況は随時お知らせしていきますので、ご感想、ご意見を
よろしくお願いいたします。篠崎さんのお顔がちょっと見えません。ごめんなさい。

                             井上 文/