エリア・町名 上用賀、用賀、新町、桜新町、深沢、弦巻、玉川台
代表世話人 小口 浩一
田園都市線
駒澤大学〜用賀


             
                 代表世話人   小口浩一、(副)矢後 勝洋
                 会計幹事    飯島 勲 
                 幹事、世話人  能 俊彦、佐々睦子

令和3年のさくら会




令和2年のさくら会

3/27(金)に予定の「花見の会」は中止
 3/27(金)に開催を予定していた、4ブロック共催
(きぬた、キャロット、玉川、さくら)の砧公園での「花見の会」は
新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止とさせていただきます。
                  (さくら会代表 小口 浩一)







令和元年のさくら会

懇親会を実施

春のさくら会懇親会を、平成313 3 日(日)に三軒茶屋の銀座アスターにて、本部から横田会長、
鈴木副会長、ブロック会総轄担当の真木幹事の
3名をお迎えして、13名の参加のもとで開催しました。
 横田会長からは世田谷稲門会の活動などについてお話しがありました。
 各テーブルでの会食・熱のこもった懇談のあと、加藤隆夫さんから、60年近く前、高校生の頃に撮った
という写真の拡大版を示しながらのお話しがありました。その写真は、二子橋の路面を川崎市側から
撮ったもので、電車が写っているものでした。路面電車のものではなく車体の高いもので、大井町線の
電車だということでありました。
戦前には玉川電車が渋谷から二子玉川を通って溝の口まで路面電車として走っていました。
それが太平洋戦争末期になると陸軍の命令で二子玉川から先は大井町線が走ることになり、玉電の路線を
そのまま走るようになっていたのを写真に写したとのことでした。今では想像もできない事実を知り参加者一同、
昔の世田谷区の姿に感服したようでした。

今回の参加者は、本部からの参加の3名の方々のほか、江原利次、加藤隆夫、木原禎子、竜田信子、
谷口佳代子、中村京、増田和美、松尾守、矢後勝洋と小口浩一でした。(小口 浩一/記)




平成30年のさくら会
懇親会の実施

恒例の秋のさくら会懇親会を、平成301028日(日)に三軒茶屋の銀座アスターにて、
本部からブロック会担当の斎藤正憲幹事をお迎えして、
13名の参加のもとで開催しました。
斎藤幹事からは世田谷稲門会の活動を中心にこれからの行事を含めた説明がありました。

 各テーブルでの会食・懇談のあと、参加会員それぞれからのスピーチがありました。
まず、今回の世田谷稲門会の会員増強活動で入会された新入会員の谷口佳代子さんと竜田信子さんの
自己紹介を含めたスピーチの後、各参加者から熱のこもったスピーチが続きました。
ご自身の学生時代の思い出と当時の時代背景、世田谷の育った地域の今昔、経歴や趣味など広範囲に
わたる印象深いお話がありました。

 最後に、江原利次さんのリードによる校歌斉唱と写真撮影でお開きとなりました。

                                         (小口 浩一/記)

 



花見の会
平成3043日(火)開催のさくら会、きぬた会、キャロット会、玉川会の共催による砧公園での花見の会は、
夏を思わせるような今年の春の異常気象の影響で桜の開花も例年より早まりましたが、幸い好天に恵まれ満開の
桜と花吹雪を同時に楽しむ事が出来ました。
当日はさくら会の上田忠雄氏の乾杯の音頭のもとに出前の料理や参加者方々から珍しい和洋の酒の寄贈もあり
花とだんごの両方を行く春と共に充分に堪能しました。

尚、さくら会は4月の新年度から小口浩一氏を代表世話人としてスタートしましたが、昨年の納涼会で協力しあった
千歳会の懇親会が421日に「梅の花」府中店で開催されたのを機会に新代表の小口、元代表の江原の両名にて
出席し相互に親交を深める和やかな一時を楽しみました。
                     (江原 利次/記)