トップページへ戻る

令和3年の新着ニュース



稲門祭(ホームカミング)はオンライン開催に変更!

校友会支部・稲門会 各位
早稲田大学校友の皆様

平素より早稲田大学ならびに早稲田大学校友会の活動に格別のご理解と
ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、日本国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況といたしましては、
東京を中心とする複数の地域で「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」の適用が
継続しており、新規感染者数の高止まりや医療体制の逼迫など、依然として油断のでき
ない日常が続いております。人間の命・健康を脅かすこの危機的な状況は、秋以降も
しばらく続くことが予想されます。

早稲田大学校友会におきましては、今年の「ホームカミングデー」と「稲門祭」について、
感染対策と各種工夫を行いながら、なんとか対面開催を実現したいという思いで

多くの校友の皆様に温かいご協力をいただき、これまで懸命に準備を進めてまいりました。
しかし、現時点では感染の収束が見込めないことや、校友の皆様の命や健康が第一

優先であるという点を踏まえ、本年1024日(日)の「ホームカミングデー」および
「稲門祭」については、初の試みとなりますが、対面ではなくオンライン開催という
方式に変更することにいたします。
 20210826  校友会ウェブサイト

90e70b7e2b4094614cecee67af6ab9ee.pdf (wasedaalumni.jp)

1:「ホームカミングデー」については、オンラインによる配信を行いながらも、
今年ご招待させていただく予定であった年次の皆様については、来年以降の式典に
お越しいただけるようにいたします。

2:「稲門祭」について、福引抽選はオンラインでも実施いたします。
応募方法等の詳細については、後日稲門祭ウェブサイトにてご案内いたします。

対面による久々のイベント開催を楽しみにされていた校友の皆様には大変心苦しく思
っておりますが、このコロナ禍は、早稲田大学校友会の長い歴史の中でも最大の危機
であると言っても過言ではありません。そのような状況の中、校友の皆様におかれま
しては、これまで以上に温かいご理解とご協力をいただきながら、この大きな危機を
一緒に乗り越えていきたいと思っております。
引き続きではございますが、どうか宜しくお願い申し上げます。
                               以上

 





魅力度向上アンケート集計結果と今後の対応

                                   2021819
                     魅力度向上プロジェクト リーダー 國澤 俊一
                                 取り纏め 林 馨

世田谷稲門会の会員の皆様、このたびの魅力度向上アンケートに多数のご回答をいただきまして、
ありがとうございました。815日の締切(郵送は消印有効)までにいただいた回答数は以下の通りです。

ホームページから回答

95

郵送にて回答

27

合計

122

いただいた回答を集計・取り纏めた具体的な内容を以下のように報告します。

1.    同好会について

同好会の設立について多数のご意見、参加希望をいただきました。

そのうち3名以上の参加希望者があった下記の9同好会について、事務局から当該同好会の関係各位に
呼びかけをさせていただきます。それ以外でもご希望があれば仲介をいたします。

また、回答に記載したがニュアンスが伝わらなかった、設立の連絡が来ない、そんな同好会なら自分も
参加したい、などのご希望やお問い合わせは下記までお願いします。

事務局:林 馨 E-mail: k.hayashi@pm-ms.tepm.jp TEL:044-433-9202(19時以降の電話はご遠慮下さい)

No.

同好会名

発起人

推薦発起人

参加希望者

1-1

スキー

2

1

4

1-2

テニス

なし

1

6

1-3

音楽鑑賞(内訳は下記)

なし

なし

10名)

 

     音楽鑑賞

 

 

3

 

     クラシック

 

 

1

 

     ジャズ

 

 

2

 

     主に70年代の音楽

 

 

1

 

     軽音楽鑑賞(C&Wライブハウス探訪)

 

 

1

 

     ウクレレ同好会

 

 

1

 

     音楽ビデオ鑑賞会

 

 

1

1-4

旅行・温泉巡り(内訳は下記)

1

1

8名)

 

     旅行・日帰り旅行

 

 

4

 

     小さい冒険同好会

 

 

1

 

     温泉巡り

2

 

     秘湯を巡る会

 

 

1

 

     日帰り温泉

 

 

1

1-5

名所旧跡巡り(内訳は下記)

1

なし

7名)

 

     歴史散策

 

 

1

 

     史跡巡り

 

 

1

 

     歴史建造物見学会

 

 

1

 

     城郭巡り

 

 

1

 

     名所旧跡見学会

 

1

 

     世田谷をもっと知ろう町歩き・史跡巡り

 

 

1

 

     歴史資料館(名所旧跡巡り)

 

 

1

1-6

飲み会(内訳は下記)

1

1

6名)

 

     美味しい日本所を飲む会

 

 

1

 

     赤提灯巡りとブラ散歩

 

 

1

 

     ワインテイスティング等(ワイン勉強会)

 

 

1

 

     若い世代との交流会(ワイガヤ会等)

 

1

 

     稲門会と三田会交流飲み会

 

1

 

     居酒屋同好会(安くておいしい店巡り)

 

 

1

1-7

映画観賞

 なし

なし 

3

1-8

ハイキング・トレッキング(内訳は下記)

なし

なし

7名)

 

     ハイキング

 

 

3

 

     里山ウォーク(低山トレッキング)

 

 

1

 

     ウォーキング

 

 

3

1-9

歴史研究会・勉強会(内訳は下記)

1

なし

7名)

 

     歴史研究会・勉強会

 

5

 

     江戸文化研究会

(江戸時代の庶民や武家の文化や史跡)

 

 

1

 

     近代史研究会

 

 

1

その他ご希望の有った同好会は以下の通りです。

希望者2名:

大学ラグビー観戦会・応援会、ダンス、ゴルフ、カラオケ、ボーリング、街歩き・散歩

希望者1名:

若い世代との交流会(経営勉強会、読書会)、古文書や書簡が読めるよう勉強会、映画や小説の舞台を訪ねる会、
情報科学研究会、民俗学研究会、園芸、着物、花見の会、サッカー、パソコン教室、コケ・盆栽、七福神巡り、
読書会、海外旅行、短歌、鉄道、写経、囲碁、登山、アマチュア無線、ハーモニカ、トレンディドラマ、
グランドゴルフ、バドミントン、歌舞伎・演劇、スケッチ会、仏像研究、庭園鑑賞、郷土史研究、リフォーム、
絵画教室、アイドル、吹き矢

2.    企画行事について

企画行事についても、多数の参加希望をいただきましたが、そのうち発起人として手を挙げた方がおられるのは
花見会とジャズ鑑賞会でした。
花見会は数ブロック共催で今までも開催されておりますので、引き続き同様の要領での開催を進めるようお願いいたします。
ジャズ鑑賞会は希望者各位にご連絡をいたしますので、発起人の方を中心に企画行事として進めていただけるようお願いいたします。
その他につきましては、頂いたご希望を十本吟味して、幹事会のイベント統括・担当にて実施を検討いたします。
なお、希望人数が少ないが是非やってみたい、そんな行事なら是非参加してみたい、などのお問い合わせ・ご質問は
同好会と同様に事務局の林 馨までお願いします。

No.

企画行事名

発起人

推薦発起人

希望者数

2-1

花見会

2

なし

14

2-2

ジャズ鑑賞会・ジャズライブ

1

なし

10

その他ご希望の有った企画行事のうち具体的なものは以下の通りです。

No.

参加したい企画行事

希望者数

2-3

映画・名作映画・DVD鑑賞会

10

2-4

音楽鑑賞会(内訳は下記)

7

 

    軽音楽鑑賞(Countory&Westernを含めライブ探訪)

 

 

    クラシック・ジャズ・ラテン音楽などのコンサート

 

 

    民族音楽(ラテン)コンサート

 

 

    クラシックコンサート

 

2-5

名所旧跡を訪ねる(内訳は下記)

7

 

    世田谷の歴史講演会・名所旧跡探訪会

 

 

    世田谷区の歴史を勉強・名所旧跡を訪ねる会

 

 

    江戸文化を研究する、歌舞伎音曲、江戸史跡巡り

 

 

    世田谷あるこう会・東京名所散歩会

 

 

    名建築探訪、産業遺産見学

 

2-6

講演会(政治・経済・時事問題)(内訳は下記)

 

 

    幅広い講演会行事(講演者を選択しながら)

 

 

    色々の分野における最先端の研究・技術・情報の講演会

 

 

    政治や経済の最新動向についての講演会、税制社会制度等

 

2-7

軽登山、ハイキング

3

2-8

散歩後の飲み会・赤提灯巡りとブラ散歩、近場の飲み会

3

2-9

芋煮会、バーベキュー

3

2-10

旅行会

2

2-11

工場見学会

2

2-12

美術鑑賞、美術館巡り

2

その他に希望者が1名の企画行事としては以下のようなものがありました。

パソコン入門講座、Edible flower and weedを探して料理する、新酒試飲会、観劇、早稲田祭に世田谷稲門会として出店する、
早稲田関連の名所やロケ地巡り、講座もの(料理など)、講座もの(DIY)、昔の歌声喫茶のような一緒に歌える会、
女性のみの気楽なランチ会、イベント鑑賞会、温泉巡り、美術鑑賞・美術館巡り、海外の稲門会との交流、民俗行事の見学、
年に1回のブロック対抗(ごるふ、麻雀など)、落語鑑賞、庭園鑑賞

3.    ホームページ(HP)
 HPについて、いかのようにほとんどの皆様から「HPは観ている」「今は見ていないが今後は見る」とのご回答をいただきました。
 今後、更に見やすさとともに安全性を配慮したHPとしていきます。

      世田谷稲門会ホームページ(HP)について

*1 事務局よりHPの見方・掲示板について連絡し、過半数の方から理解したとの返信をいただきました。
   残りの方もお問い合わせはありませんでしたので、ご理解いただいたと考えています。


4.    掲示板
 掲示板については、以下のように半数の皆様から「利用したい」とのご回答をいただきました。
 一方、「あまり利用する気はない」とのご回答も1/3ありました。
 掲示板の運用はまだ始まったばかりですので、今後見やすい・使いやすいを目指していきます。

    HP掲示板について



*1 事務局よりHPの見方・掲示板について連絡し、過半数の方から理解したとの返信をいただきました。
   残りの方もお問い合わせはありませんでしたので、ご理解いただいたと考えています。

掲示板について特記すべきと思われるご意見

▶facebook,LineWorksなどのツールを使った方が良いと思います。
▶大いに結構と思います。ときどき自分も利用したいと思います。
▶まだ具体例が分からないので、自分が利用できるかどうか決めかねます。
▶会員名簿を見るとメールアドレス非登録者(HP閲覧困難?)は25%程度はおられるようで、
 勧誘・連絡への使用には運用上の配慮をお願いします。


5.    ブロック会

回答いただいた会員数は以下の通り

 西北会     15名
 千歳会     11名
 けやき会    21名
 キャロット会  15名
 きぬた会    20名
 玉川会     28名
 さくら会    11名
 無所属     1名

所属ブロック会活動へのご希望のうち特記すべきと思われるご意見は以下の通りです。
1.あまり大げさでなく、思いついたときに、掲示板で近所のお花見などを4,5人程度お互いに簡単に誘い合えるといいなあと思います。
2.家から近場で比較的少人数で気楽に集える定期的飲み会など。
3.現在(コロナ前)春秋年2回の懇親会だが、気楽な集まり会の設定。
4.規模は小さくてもよいので、集まる回数を増やしてほしい。単なる飲み会でもいいかも。
5.対面の会合が開催できるまではZoomなどで顔を見ながら談話する機会を増やしたい。
6.ブロック会によって活動の差があるのが現状と感じます。以前総会でたまたまご一緒したテーブルの方が
 「今所属ブロックは活動が盛んだから、自分は本当はブロック会だけあればいいと思っている」と話されていました。
 ブロック会毎の結束が強いことは良いことですが、内向きになる傾向も否めず、広がりは減るでしょう。
 せっかく同じ世田谷区内なのですから、ブロック会同士の垣根をもう少し低くしても良いかなと思います。
 また、花見会のように複数のブロックの合同開催も増えると嬉しいです。
7.むしろ戦力になっていないことを心苦しく思う。ということを前提に、20代、30代の若手に企画をまかせることも、
 一度チャレンジしてみてはいかがだろうか。

☆上記に限らず、頂いたご意見は全てブロック会の代表世話人に送り、魅力度向上のヒントになる
 ものについては積極的に検討・活用いただくようお願いします。

所属以外のブロック会で面白そうな企画があれば参加しますか?



6.    部会

部会にどのような活動があれば更に楽しくなると思いますか?
特記すべきとおもわれるご意見は以下の通りです。

 1)ゴルフ部会
  ・女性の参加
  ・ゴルフ場までの送迎貸し切りバス
  ・ゴルフ部会は退会したが、理由は「ギブアップ・ルール」です。プレーを早くする趣旨は理解しているが、
   ギブアップ宣告すると全然ホールアウトできない。ギブアップをパーの3倍とかに増やしていただければ。
  ・たまにはセルフプレーも行ったらどうでしょう。

 2)囲碁・将棋部会
  ・初級者講座(「初級者が来たら対応する」ではなく積極的に初級者を募る・初級者講座を開く等)

 3)麻雀部会
  ・2部リーグ(初級者向け)(「初級者が来たら対応する」ではなく積極的に2部リーグを開く・講座を開く等)

 4)釣り部会
  ・初心(級)者教室(上記に同じ)

 5)ウォーキング部会
  ・新しいコースの開拓が必要(マンネリになっているので)

 6)芸術・芸能鑑賞部会
  ・芸術・芸能鑑賞は範囲が広いため、クラシック音楽、ジャズ、寄席などジャンルを分けても良いのではないか。
   世話人も一人では負担が大きいので。

 7)地域サポート活動部会
  ・見学会・関係する映画会など。

 8)全般
  ・全体の趣旨として「遊び」だけでなく「勉強会」のような少し仕事に関連するようなものや硬めのテーマ
   を扱う会があっても良いのではないでしょうか。
   世の中は雇用延長や生涯現役の風潮がこれからもっと加速すると思います。
   今後の若い世代に対しては、リタイア後の完全な「遊び」ではなく、少し勉強・仕事の要素を入れた活動を
   増やしていく方が良いと思います。
  ・諸先輩方の仕事の経験談や研究テーマなどについて話をしてみたいと考えている現役世代は少なからず
   いるように思います。
  ・23区の他の稲門会とのゴルフや他のスポーツでの交流試合。
  ・Zoom利用でいいので、内容のいい講演会など。

☆上記に限らず、頂いたご意見は全て部会の代表世話人に送り、魅力度向上のヒントになる
 ものについては積極的に検討・活用いただくようお願いします。


7.    その他ご意見

世田谷稲門会の活動に対して色々とご意見をいただきました。そのうち特記すべきと思われるご意見は以下の通り。
(解り難い部分もありますが、極力原文で記載します)

3-1

世田谷稲門会の活動を継続していくためには、50歳代の会員を定期的に確保していくことが重要と考える。またこれに合わせて長期的な役員人事構想(候補者育成)が必要ではないか。

3-2

結婚相談所(息子、娘、他大学卒OK)

3-3

「魅力度向上」とは会員増強に繋がる活動との認識。現役世代(50歳以上限定)の入会や参加を促進出来るような方策は無いか?勧誘する際の「口説き文句」「キラーワード」は何か?卒業生が”ちょっと覗いてみよう” とか”お試し参加出来るの?”とか入会のきっかけを提供する方法を用意してはどうか?HP以外の有効な情報発信の手段は無いか?「世田谷区報」への入会募集の掲載は出来ないか?不要か?効果は望めないか?

3-4

あえて現役の立場を強調すれば、2-1に記したように先輩方の社会人としての経験を伺えるような場があれば、若い人たちの関心が向く可能性もあるかと思います(専門職は専門の稲門会があるようなので、会社員としての)。趣味の世界で若い人の気をひくのはなかなか難しいと感じます。私は40代ですが、30代の時に初めて稲門会の勧誘資料をいただいたとき、正直なところ「何かの間違いではないか」と思いました。「充実したシニアライフを・・」といううたい文句だったのですが、20代・30代でシニアライフなどまったくもってピンと来ないのが通常と思います。もう少し上の世代の方々が若い人に歩み寄ってくださればいいかなと思います。

3-5

役員の方々にはご苦労をお掛けしていますが、年齢層が高いように思います。 定年制のような制度を設けて比較的若い人に運営を担ってもらうのは如何でしょうか。

3-6

このような世情なればこそ、様々な場面の小ネタが比較的頻繁に届くと、稲門会員であることが日常のことに取り紛れないでモチベーションの向上になるのではないでしょうか。HPの第一印象が良ければ「また見に行こう」という気にもなるでしょうし、メールマガジンかFacebookあるいはインスタグラムもいいのでしょうね。管理人は大変だと思いますが、それこそ豊富な人材がおられることと思います。老若男女それぞれに仕事や家庭、体調面での事情があり、稲門会との関わりに濃淡があるのは仕方がないのではないか。会費を払って会報をみているだけでも満足、という人もいるはずなので、あまり、部会に参加することを強調しなくてもよいのではないでしょうか。

3-7

当方、世稲門会・玉川会への参加は、多摩川花火大会後の清掃ボランティア活動があったことがポイントでした。 現在低調となっておりますが、今後に向けて募金活動とは別のボランティア活動機会をご一緒するような可能性は無いのでしょうか?  

 

    上記に限らず、頂いたご意見は幹事にて検討し、魅力度向上のヒントになるものについては積極的に
検討・活用するように勧めていきます。
    頂いたご意見についての個別回答・コメントはスペースの関係上記載いたしませんが、事務局の林まで
お問い合わせいただければ、幹事会・魅力度向上プロジェクトとしての考え方をご回答いたします。

                                          以上





世田谷稲門会ホームページURLは下記です。

http://setagayatou.mond.jp/


世田谷稲門会ホームページについてのご意見、
ご要望については下記までお願いいたします。


榎並 俊一 〒157-0071 世田谷区千歳台6-16-7-1207
TEL/FAX 03-6324-2023、携帯 080-5655-0342
e-mail; enasan_1948.2.19@kbh.biglobe.ne.jp